雨降り

ご機嫌いかがですか?
ビジョンスタイリスト® 良岡侑宙(よしおかゆう) です。

お天気情報によると
今年は例年よりも梅雨入りが早いようです。

・・・憂鬱な時期がやってきますね。

特に、ビジネスマンにとっては
梅雨の時期のスーツやジャケットなどの
お手入れで悩まれる方も多いと思います。

とりあえず、乾かせばいいかな・・・と放置していると、
臭いがしてきたり、生地が傷んだりしてくる事もあります。

そこで今回は、この時期のスーツ類のお手入れについてお伝えします。

濡れたスーツのお手入れ方法

①濡れたスーツをハンガーに吊るし、乾いたタオルで水分を吸い取る。
注)擦ると生地を傷めるので、タオルを優しく当てるようにして水分や湿気を吸い取る。

②タオルを使う
 太めのハンガーを使う→風通しがよい
 ハンガーにバスタオルを被せて、その上から上着を掛ける。
 肩から袖先までは、中にタオルを詰める。
 それにより、内側の水分をタオルが吸い取ってくれる。
 
③室内の風通しの良いところにハンガーを吊るす。
 パンツもパンツハンガーを使って干す。
 注)日当たりの良い室外で干すのは、直射日光で記事を痛めるので厳禁

③乾いたら、タオルを取り、丁寧に全体をブラッシングする

ニオイが気になる。。と言う時は

雨に濡れたスーツは独特のニオイがします。
これは、生地がウールなどの動物素材であることにもよります。

そんな「ニオイ」や「シワ」が気になる時は
アイロンのスチームを活用しましょう。

スチームの水分の蒸発により、
スーツの湿気や汗などのニオイも同時に蒸発してくれます。
スーツから水分が蒸発して乾くとニオイも治まります。

また、高温の為、殺菌作用もあると言われています。

やり方は、スーツやジャケットをハンガーにかけた状態で、
全体にスチームを吹きかけます。
脇の部分は裏側から当てると、より効果的です。

スチームを当て終えたら、室内で陰干しし、
その後はしっかりとブラッシングをして下さい。

・・・・・・・・・・・・・・

雨に濡れてお手入れが面倒ではありますが
濡れて湿った状態で、タンスやクローゼットに入れると
カビが生える原因にもなります。

ちょっとひと手間ですが、
それにより、スーツやジャケットを
長く綺麗に保つことが出来ます。

 

次回は、雨の日の革靴のメンテナンスについてお伝えします。

ファッションでお困りの方に

着こなしに困った・・・
何を着たらよいか分からない・・・
そんなあなたに
「ショッピング同行」いたします
詳細はこちら 
http://vision-style-you.com/service/business