ご機嫌いかがですか?
ビジョンスタイリスト® 良岡侑宙(よしおかゆう) です。

前回、新入社員の目から見た
「身だしなみから受ける上司の評価」についてお伝えしました。

新入社員はあなたの見た目をこう評価している!?
http://vision-style-you.com/?p=5568

今回は、「こんな上司になりたい!」と思われる
ファッションのワンポイントをお伝えします。

理想の上司とは?

先輩スーツ

若手の方から見て、あなたは
”将来、自分がなりたい上司のイメージ”
になっていますか?

もし、前回の様な会話の対象者だったとしたら。。。
それは無いに等しいでしょう

毎年、「理想の上司ランキング」
という調査があったりしますが
その結果から見る理想の上司の傾向としては

・親しみやすい
・知的で落ち着いてる
・優しい
・カリスマ性がある

というイメージがあるようです。

そういった余裕と言うのは
表情、仕草、見た目、言動・・・などに
表れてくるものです。

こんな上司は嫌だ!

前回、他人はあなたの外見の印象だけで、
自分において必要な人物かどうかを判断している
とお伝えしました。


ビジネスの社会において、見た目により
”仕事が出来る、この人になら任せられる”
といった判断をされ、あなたの信頼、信用にも関わってきます。

見た目と言うところで
「こんな上司は嫌だ!」(上司以外にもあてはまりますが)
と思われる主な要素をお伝えしますと下記のような内容が上がります。

1・スーツがシワだらけ
2・ボタンを全部留めている
3・ポケットに物を詰めすぎ
4・ディンプルがシワシワ
5・縞のピッチが同じ
6・カフが全く出ていない
7・ベントのしつけをつけっぱなし
8・タイが緩んでいる
9・タイとチーフの柄が全く同じ
10・パンツのクリース(ライン)が取れている
11・靴とベルトがちぐはぐ
12・靴下がずり落ちている
13・髪がボサボサで、肩にフケ
14・中年太りでスラックスがずり落ちている
15・靴が汚れている

当たり前と言えばそうですが
実は、自分が気にしていなくても
相手はちょっとしたところを気にしていたりするのです。

どんなところに気をつけたら良い?

どうしても、年齢が高くなると
若い人から見ると「オヤジ」となってしまいますが
その言葉で片付けられないようにするためには
「清潔感」
が大切です。

特に、若い頃とは体型も変わってきているので
「サイズ感」には気を付けましょう。

お腹周りが気になったりすると、大きめのスーツを羽織る方が多いです。

しかし、大きいスーツは、だらしない印象を与えます。
やはり、ジャストサイズが、綺麗にスマートに見せる条件です。

特に、肩があっているか、またパンツのダボつきや長さを
変えるだけで、随分見た目が変わります。

但し、スーツは、
着る人に合った全体のバランスが必要ですので、
既製服では限界があります。
オーダーメイドスーツなら流行を加味しながら、ご自身に合った
スーツをつくりあげることができます。

上司ならば、ファッションにもこだわり、
スーツをオーダーする
心と金銭的余裕も見せたいものです。


また、上司としての貫録を出すには、サイズ感に併せて
ラベル(襟)の幅を広めにしてみるのも良いでしょう。

標準的なレギュラーラペルが、8から8.5センチですので、
標準よりも幅広なのがワイドラペルと呼ばれています。
一般的に、ふくよかな人はワイドラペルが、似合うともいわれています。

ファッションもコミュニケーションの一つととらえて
相手の方が気持ちのよく、
あなたと接することが出来るような心がけも必要です。

「人と繋がる力」となるファッションを身に着け、
あなたのブランド価値、ステイタスをより一層高めましょう!


ファッションが変わると心も変わり
周りからの評価も高まりますよ!!

ファッションでお困りの方に

着こなしに困った・・・
何を着たらよいか分からない・・・
そんなあなたに
「ショッピング同行」いたします
詳細はこちら 
http://vision-style-you.com/service/business