ご機嫌いかがですか?

【内面:コーチング】【外見:ファッション】【身体:パーソナルトレーナー】
を通して、あなたのなりたいイメージをトータルでコーディネートするビジョンスタイリスト®
良岡侑宙(よしおかゆう) です。

 

さて昨日、私の原点についての「セミナー」のお話をさせていただきました。


そこで、なぜこの仕事を選んだのか、
ちょっとだけ私のことをお話してみたいと思います。


最初は、私に「影響を与えた人」についてお伝えします。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は、ファッションとコーチングで、
その方の内面と外見のサポートをさせていただいておりますが、
ある時、
何故、それに興味を持ったのか・・・
何故、それを選んだのか・・・
それを振り返ったときに、
一人の人物の存在があったことに気が付きました。


それは、私の「祖父」でした。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 

【祖父の思い出】

祖父は、自宅で鉄工所を経営していました。
細身の体に作業着を着て、グレーの機械に囲まれて、
黙々と作業をしていました。


けれど、仕事が終わると、
さっと着物に着替え、
出かけるときは、仕立ての良さそうなスリーピースを身に纏い、
ハットを被りさっそうと歩く。


元々寡黙で、あまり話はした記憶はないのですが、
昔ながらの「職人」という言葉が当てはまる、
心も姿勢もまっすぐで軸がブレない。
 
 
小学生だった私にとって祖父は
「カッコいい存在」であった・・・
と、祖父が亡くなってから気がつきました。

 
【祖父への来訪者】

子供の頃、私はあまり祖父と話した記憶がありません。
でも、それは私の勝手な記憶なのかもしれないですし、
祖父の厳格な雰囲気が記憶の中で
強く残っていたせいかもしれません。
 
 

そんな祖父を訪ねて、色んな方が家に来ていました。
その中に、住宅会社の営業の方がいました。


祖父が亡くなって、暫くした頃、その方が来ました。
すると、それを聞くと、突然泣きだし

「前に伺った頃、色々と仕事で悩んでいたんです。
そんな時、(祖父に)頂いた言葉で、
転職することを決めたのです。
 
そのお礼を言いたくて・・・。
でも、お亡くなりになったなんて・・・。
 
もし、家を建てる時があったら、
是非、私に建てさせてください。


その時のお礼に、精一杯のことをさせていただきます」


 
その後、家を建てることになり、
私が子供の頃に書いた間取り図を、
祖父から預かっていたようで、
それをもとに設計士さんが素敵に仕上げて下さり、
その家が建ちました。


実家はだいぶ古くなりましたが、
色んな思いが詰まった家なのだな・・・
と改めて感じました。



次回は、その祖父を通して感じたことから
今の仕事についてのお話をお伝えさせていただきます。

 

 直線

【電子書籍&POD版(紙書籍)】
【人生をワンランクアップさせる!男術入門】
~男の曲がり角を【V6】メソッドで脱出する~

★電子書籍
アマゾン http://www.amazon.co.jp/dp/B01ABNG0EK/
楽天 http://books.rakuten.co.jp/rk/03618c76dfbc3604a583048a6372453f/
POD発売(紙媒体書籍) 
アマゾン http://www.amazon.co.jp/dp/490835507X/
楽天  http://books.rakuten.co.jp/rb/13684055/

表紙_男術入門2