ご機嫌いかがですか?
(美)ビジョンスタイルYOU 代表 ビジョンスタイリスト®良岡侑宙(よしおかゆう) です。

 

夏に出回る素材で
日本にも馴染みが深い素材といえば、【麻】です。

取り扱いが難しそう。。。とも感じますが、
ちょっとした素材のポイントを知ることで
よりファッションを楽しむことが出来ます。


知っているようで知らない素材についてのお話を
数回に分けてお伝えいたします。
(参考:http://www.kikonasi.jp/

今回は【麻】についてお伝えします。

直線

【麻】

麻は、植物の茎や葉、表皮の内側にある柔繊維のことです。
天然繊維に分類され、
綿と同様に日本で最も馴染みの深い繊維です。

 

元来、日本語で麻繊維は
アサ科アサ属の大麻から作られた繊維を指す名称でした。

後に海外より持ち込まれたアマ科の亜麻(リネン)や
イラクサ科の苧麻などを含めた植物繊維全般を指して
「麻」の名称を使うようになったため、
大麻と区別して呼称するようになったとされています。

現在、日本で麻の名称で流通している繊維のほとんどは
亜麻から作られるリネンです。
また、日本で麻の名称で流通させて良い繊維は
亜麻と苧麻のみであり、
本来の麻(大麻)は指定外繊維です。

 

麻は通気性があり丈夫だったので、
日本の庶民の服には欠かせない繊維でした。
しかし、長年日本で広く消費されていた麻も、
明治維新を迎えることで一気に衣服の消費量が減りました。

しかし、その丈夫さが買われ、
旗や魚網、軍事用に使われることも多かったようです。

 
ファッションシーンで注目されるようになったのは、
第2次世界大戦も終わって1950年を過ぎた頃。
以来、独特の風合いが愛され、
定番の繊維として生活に根付いています。

 

麻の種類は多くありますが、
私たちの身近にある麻は、
亜麻(リネン)、苧麻(ラミー)、ジュート、ヘンプなどが代表的なものです。
衣服に用いる麻はリネンとラミーです。


リネンの方が質感が柔らかく、肌触りも良いです。
ラミーは通気性が非常に優れており、
強度も天然繊維の中で最も優れています。
質感を求めるならリネンですが、
丈夫さを求めるならラミーです。

 


このように、麻は通気性、吸水性に富んでいて、
非常に強度がある天然繊維です。
そのため、夏用の衣服に良く用いられますが、
シワになりやすく取れにくい、伸縮性が無い、
ゴワゴワと固い欠点もあります。
その欠点を補うべく、綿を混紡したものもあります。

 

また、麻は綿と比べて染色性が悪いので、
色落ちがしやすいです。

そのため、洗濯前には目立たない場所で
色落ちテストをしなくてはいけません。
他の衣服への色移りを防ぐために、
白いものや色の淡いものは別にして洗った方が無難です。

また、一旦シワがついてしまうと取りにくくなってしまうので、
脱水をし過ぎ無いようにするのもコツの一つです。
軽く脱水をして、あとはタオルで挟んで
水分を吸い取った方がよいでしょう。


麻の保管に最適なのは、乾燥していて涼しい場所。
通気性が良くないとカビの原因にもなるので、
ビニールの袋等に長く密封するのは避けてください

 

時が経つほど豊かな風合いに変わるのが麻。
これからの季節、
サラッとした麻素材のシャツなどを羽織って
涼しく夏をお過ごしくださいね。

asa

直線

<セミナー開催【ダンディ男塾・入門編 <全3回>】>
ダンディ男はこうして作られる!
メンタリティ&ボディデザイン&ファッションから人生を変える

第一線でご活躍されているパーソナルトレーナーの
RAD(ラド) リバースエイジングディレクション 柴田覚様
【心・身体・見た目】
についてのコラボセミナーを開催いたします。
第2回目・第3回目の開催についての詳細はこちらです!

直線

【電子書籍&POD版(紙書籍)】
【人生をワンランクアップさせる!男術入門】
~男の曲がり角を【V6】メソッドで脱出する~

★電子書籍
アマゾン http://www.amazon.co.jp/dp/B01ABNG0EK/
楽天 http://books.rakuten.co.jp/rk/03618c76dfbc3604a583048a6372453f/
POD発売(紙媒体書籍) 
アマゾン http://www.amazon.co.jp/dp/490835507X/
楽天  http://books.rakuten.co.jp/rb/13684055/

表紙_男術入門2